住宅型有料老人ホーム あぜりあ

住宅型有料老人ホーム あぜりあ の設計は2016年から始まりましたが、青森県の窓口との折衝が難航し、2018年にやっと着工〜完成に至りました。
設計当初はサービス付き高齢者用住宅を目指したのですが、敷地のサイズから個室数が限定されるため、住宅型流量老人ホームへとスライドさせました。

建主の社会福祉法人北光会さんでは、特別養護老人ホームを始め、グループホーム、デイサービスなどを運営する実績はあるものの、住宅型有料老人ホームは今回が初めてのケースとなるため、手探りの状態で打ち合わせを積み重ねてきました。
ただ一貫しているのは、入居者の暮らしを第一に考えたケアに徹すること。
そのための運営と、建築空間を目指すということでした。

建築内容は木造2階建ての準耐火建築でシンプルなプランです。
回遊型の廊下に沿って各居室が21室(1階6室、2階15室)東西南北に配置されています。
1階には事務室や医務室、浴室(温泉)、パントリー+食堂が配置されています。
生活の中で廊下での出会いや語らいも大事に考え各所にソファが置かれています。
リハビリを兼ねて廊下を積極的に歩行出来る様広く明るい廊下にしました。
穏やかなゆっくりした時間が流れる落ち着いた空間です。

構造:木造2階建て
延べ床面積:951.64m2
完成:2018年9月

養護(盲)老人ホーム津軽ひかり荘

目の不自由な老人のための施設ですが、見通しの良い明るい内部空間を心がけました。回遊できる平面プランとし、一つながりの手すりにピンを打って情報を得ることができる様になっています。外部デザインは小さなボリウムの並べたものとし、威圧感を感じない様に配慮し冬場雪の中でも、暖かさを感じる色合いを使いました。

鉄骨造 2階建て 2,938.02m2

大鰐温泉介護センター あぜりあ

大鰐町の温泉街の中心部に位置し南に茶臼山公園を仰ぎ、北側には平川のせせらぎを感じる場所に位置している。
木造二階建て延べ面積500㎡のデイケアセンターである。

高い天井の一角二階スペースにスタッフエリアがあり、全体を見渡す事が可能としてある。リンゴ箱を並べてその上に屋根をかけて出来た空間がメインの空間である。

大きな吹き抜け空間を利用して地域との交流も盛んに行われるが、その一環で音楽会も開催され喜ばれている。
町民の朝夕のお散歩コースでもあり一休みのための足湯サービスも好評である。

青森県立つくしヶ丘病院(改築)

*プロポーザル最優秀賞、設計担当

「入院中心の治療体制から地域におけるケアへ」精神科医療の基本は社会性の障害から 患者を立ち直らせ社会に戻ってもらう事にあり、発生初期に集中的な治療を施すことが 重要である。
その様な急性期医療に沿った計画とし、初期症状の進行をいち早く食い止め、患者の回復期・社会復帰への順調な移行を促進する病院生活では、中庭に面して病室を配置し、外部との関係を重視し、精神の安定を図った。
また病室の個室率を高め思春期への対応をしている。

所 在 地:青森県青森市
施  工:(株)鹿内組ほか
敷地面積:50,470.00m2
述床面積:8,728.80m2
構造規模:RC造/3階建て
竣  工:2009年3月

坂本耳鼻咽喉科内科医院

国道7号線から弘前市内に入る時の通り道に面した敷地である。この場所でこの街を印象づけるものが欲しいと思った。
前川國男の作品や和洋折衷建築で用いられているレンガが彩りとして印象的だ。
それを予感させ、かつ、患者に安心感を与えてくれる力強さと温かさな力をレンガは持っている。場所性と機能性を同時に満足させるため、外装にレンガを使用したのはそんな考えからである。

所 在 地:青森県弘前市
施  工:(株)福田興業
敷地面積:829.79m2
述床面積:829.71m2
構造規模:RC造/3階建て
竣  工:2003年11月