幼保連携型こども園 岳暘保育園

旧園舎の老朽化による建て替え計画を設計し実施しました。
木造平家建の新園舎は、延べ面積574.69m2の小規模のこぢんまりとした建物です。
敷地環境周囲は小高い山々や名峰岩木山、そして東側に広がる平野・・・その様な風景をヒントに建物の形が決まりました。
そして何より子供達の安全をテーマに設計しました。
その一例をご紹介いたします。

建物の構造は木造平屋ですが、基礎の下に特殊な発泡材を敷き詰め、浮基礎工法としています。
この事で地震の影響を軽減するとともに、
床下断熱も達成する一石二鳥の効果を考えました。
外壁はロックウールによる外断熱工法です。
ここでも断熱と防火の効果を同時に狙ったものです。

子供達がいつも触れる内部の壁には、
手にも、見た目にも優しい木製合板を使いました。
いろんな場所に鏡を配置してあるのは、空間の広がりを体験し、
死角が出来にくい工夫からたどり着いた考えです。
特に保育園の子供達は、心身の発達が著しい時期です。
普段の暮らしの中で頭や体を自然に使いながら、園での生活が出来たらいいと考え、壁登り・木登りなども出来る場所もあります。
素足で触るフローリングはヒノキ材を加工した足に優しい床材です。
その下地も木製で、クッション性能に優れた構造とし、
成長期の子供たちの関節に負担の少ないものとしました。

内部デザインでは遊戯室上部の楕円の吹き抜けが特徴的です。
これは樽の内部と考えました。
食べ物を熟成させ進化させるために使う樽は、
子供達の成長を促す空間としての願いを込めたものです。
そのほか各部屋のサインにもご注目いただければ、楽しい工夫が感じられることでしょう。
この様な岳暘保育園新園舎に込めた設計の考え方は、すべて子供達の安全と、先生やご父兄様方大人達の安心をテーマに考え創った園舎です。
子供達の健やかな成長を願ってやみません。

二の丸利活用施設 弘前城情報館

弘前城は小ぶりながら、城郭の構造がほぼ幕末期の姿で残っている、国内でも稀な史跡である。ところが明治以降、場内にはいろんな施設が建てられ、草木が植えられたため、現在幕末期の姿に戻す動きがあり、文化庁指導の元、整備事業が進められている。
今回の弘前城情報館は、二の丸エリアに存在した馬場の復元整備を主な目的とする工事であるが、先ずは予てから要望の多かった案内所建築を進めることとなり、建物が完成した。
現在は馬場を復元するための修景工事が進められている。
弘前城情報館には、案内所と公衆便所の機能があり、公衆便所は24時間解放されている。
案内所には場内を案内する担当者が常駐し、さらに弘前藩の歴史を映像技術で伝える展示機能を有している。より多くの若い世代に興味を持っていただける様仕向けたもので、将来にわたり弘前城の歴史が伝承されることを願っている。
建物は在来工法とし、軸組である柱と水平方向の架けられた梁でシンプルな構成とした。
史跡上に建つ建築の設計業務では常らしいが、基礎の形状・プランの工夫・デザインや色使いの難しさを痛感し、勉強させていただいた。
また場内では天守の石垣補修工事が進められていて、こちらは天守の曳家が話題となり、TVニュースでも放映されるほどであった。

構造:木造平家建て
延べ床面積:327.92m2
完成:2018年3月

弘前カトリック幼稚園

同じ場所にあった旧園舎を解体し建て替えました。鉄骨造2階建て約1,000m2弱の幼稚園です。
街中に位置しているので、園庭が狭く子供たちがのびのびお外で走り回るにはちょっと窮屈かもしれませんが、近くには弘前城公園もありお天気の日には足を伸ばしている様です。また災害やセキュリティーを重視して子供たちの安全を確保することを、もう一つのテーマとしました。隣接する教会を園舎の窓から見え隠れする状況を作り一体感を出す工夫をした。

鉄骨造2階建て 994.69m2

(学)東北カトリック学園 浪打カトリック幼稚園

既存園舎を使いながらの建替え工事で使える敷地スペースは限られていた。
その影響もあり2階建てとし遊戯室を2階に上げ、教室は1、2階に2室ずつ配置した。
温かな給食を自分たちで作って食べさせたいとの教育方針があり、小さいながらも自前の厨房を持っている。
2階へはダムウェーターで搬送し、そこからは子供たち自ら教室まで運び配膳する。
食べ物を大切にする基本的な方針が子供の将来に役立つ筈である。

所 在 地:青森県青森市
施  工:(株)福萬組
敷地面積:1,721.13m2
述床面積:862.07m2
構造規模:S造/2階建て
竣  工:2004年11月

青森県立八戸盲聾学校校舎

*(社)文教施設協会 平成17年度公立学校優良施設文教施設協会(施設計画部門)受賞

八戸市の市街地に位置するこの学校は、目の不自由な子供たちと耳の不自由な子供たちが同居する、全国的にも稀な教育機関である。
子供たちが将来自立するために、この学校で学ぶべき事は山ほどある。その一つでも建築的に手助け出来ればと考えた。
自分と違う人たちを理解する事、そして自分を理解してもらう事、その能力を養う事。
お互いに見たり見られたりしながら生活するうちに、自然と自分以外の人たちの存在を意識し理解する。出来る限りオープンな内部空間で大きな廊下を皆が共有する。

そこで情報交換がなされる。生活の中で自分を鍛える空間。そんな建築を創りたかった。

所 在 地:青森県八戸市
施  工:(株)田名部組
敷地面積:9,053.00m2
述床面積:3,786.21m2
構造規模:RC造/3階建て
竣  工:2003年1月

弘前市立新和小学校

一学年一教室のこじんまりした小学校である
玄関を入ると八角形で三層吹き抜けの多目的ホールに入る
各階の廊下がバルコニーの様にこの吹き抜けに面しているので一体感のある空間である
クラスルームの前廊下はメディアスペースと名付けられた共有スペースがあり
オープンなクラスルームの使い方次第でいろんな活用方法が可能だ

所 在 地:青森県弘前市
施  工:(株)小山田建設
敷地面積:17,993.00m2
述床面積:2,894.73m2
構造規模:RC造/3階建て
竣  工:2002年2月