マンションインテリア改修

弘前市内にそびえる15階建てのマンション最上階の部屋。
せっかくの眺めが窓の結露で全く見えません。
何とかならないかしら?友人からの電話でした・・・。

それをきっかけに打合せを重ねて行く、内容がだんだんと結露だけの問題から暮らしのデザインへ・・・結局インテリアの改修となった。
子供達も離れご夫妻お二人の大人の空間を目指して出来たのが、今回の改修。
弘前の街を見下ろしながらグラスを傾けるのも良いものです。

新寺町の家

新寺町の町並みを意識し白色系+黒系の二色に絞って外壁を構成。
具体的にはガルバリウムシルバー色を横葺きとして和風の町並みに合わせ黒く塗ったルーバーで寺町のカラーリングを同化させました。しかし町並みに新しい影響を与える事も考えモダンな納まりで構成しました。

二階リビングダイニング。
日差しが明るく入って津軽の象徴である岩木山を望みながら生活出来る様窓の位置に気を付けました。敷地に南北2mの高低差があります。その高低差を利用してスキップフロアの空間構成。階段が空間を繋ぐ重要な役割に成るのは云うまでもありません。外部のルーバーを連想させる板状の横格子に階段板を乗せたシンプルな構成でデザインしました。夜景は夜行き交う方々の外灯の役目を果たしています。

二階建ての小さな家

—訳あり物件
そんなカテゴリーで売りに出ていた敷地。

面積が32坪ほど、道路の突き当たりで車を回転させる事もままならない。
その上道路より80cm程高く位置している。

Clientは、この条件を土地の個性と捉え積極的な暮らし方を想像し、設計を依頼して来ました。
さすがに設計してみると建ぺい率はもとより、北側道路斜線の厳しさにくじけそうになりながらここに至ることが出来ました。
着工直前の大震災で一時間の空いたこともあったり、建設資材が無くなったり・・・
想い出深い仕事になりました。
空間構成は縦長のワンルーム型。
狭い床面積を広く感じながら、家族が一つ屋根の下で暮らす大切さをプライオリティーの最上級に位置させて創った住宅です。

用途地域:第一種中高層住居専用地域
木造2階建て
敷地面積:103.93m2(31.38坪)
1階床面積:62.24m2(18.79坪)
2階床面積:62.24m2(18.79坪)
延べ床面積:124.48m2(37.58坪)

スキップする生活空間

建築に於いてのオートマチック、スイッチ一つで全てを賄える。
この便利さを良しとし素直に受け入れるか?便利だけどちょっと危なさを感じるか?
建築を設計する時ここを議論して空間構成や素材、設備計画を進めたい。

スキップする床、オープンな間取り、吹き抜ける土間とそれぞれのフロア、家族の暮らしがお互いにお互いが気配を感じ、安心したり時にはうるさいと思ったり・・・。

必要なものを必要な場所に設えながら、素材を吟味し明るく爽やかな空気で、シンプルな生活を営む住宅・・・この家ではそれを考えています。

大きな梁の家

基礎、土台、柱、梁、壁、筋違い、火打、母屋、垂木、屋根・・・
中でも梁は空間をつくり出すために大きな役目を果たしている。
そして力強さの象徴でもある。
家族を力強く守り育てる空間に大きな梁を掛けそれをこの家の象徴とし家族の絆を感じ取って貰えればと願う。
そして子供たちが成長し社会に貢献するための礎に成ってほしい。
その様な思いを込めてこの住宅を設計した。

所 在 地:青森県青森市
施  工:(有)マルヨシホーム
敷地面積:198.36m2
述床面積:173.91m2
構造規模:木造/2階建て
竣  工:2010年11月
用途地域:第一種低層住居専用地域
防火地域:指定無し
その他の地域:建築基準法22条地域
外壁断熱防火工法(ドイツアルセコ社)

川のほとりで

広瀬川を眺めながら生活する。
この敷地はそのためにある様な敷地だ。足元を川が流れその向うには青葉城跡地の青葉山が構えている。
季節によって多様な表情を見せる自然を堪能しながら川とともに暮らす喜びがここにはある。
自然の美しさ、そして自然の厳しさを、この都会の中で体感しながら暮らせる意義は大きい。

所 在 地:宮城県仙台市
施  工:(株)熱海工務店
敷地面積:333.72m2
述床面積:253.24m2
構造規模:木造/2階建て
竣  工:2009年11月

藤崎K邸

1階に親世帯2階に子世帯が住む二世帯住宅である。伊吉の東隣りに桜の木が数本あり、その向うには国道7号線と八甲田山系を望める。
その風景を借景に、中庭を中心にコの字型に配置した平面プランで、お互いの世帯が中庭を通して気配を感じながら暮らせる。

所 在 地:青森県南津軽郡藤崎町
施  工:(有)長谷川工務店
敷地面積:606.50m2
述床面積:255.04m2
構造規模:木造/2階建て
竣  工:2009年10月

女鹿沢N+N邸

*2009年第4回JIA東北住宅大賞奨励賞

二世帯住宅を左右に配置、中心に共有部分の玄関とその上に渡り廊下兼ユーティリティースペースを挟む。
兼業農家でもあり大人4人がそれぞれに仕事を持ち、家族全員が農業も営む。
将来それぞれが順番に住み替える様な仕組みでプランが構成されている。

所在地:青森県青森市浪岡
施工:(有)マルヨシホーム
敷地面積:596.13m2
述床面積:244.00m2
構造規模:木造/2階建て
竣工:2008年10月